新しい松本を創ろう。今見直しに勇気を!そして限りなく元気な松本に!

サイト内検索

カテゴリー

過去の記事

松本市公式HP 更新情報

RSS表示パーツ

脳下垂体にできた腫瘍を取り除く手術をしました

JUGEMテーマ:日記・一般


明日は65歳の誕生日ですが、病院で迎えることになりました。手術説明

 

平成27年に見つかった下垂体の腫瘍を取り除きました。

下垂体は身体のホルモンを掌るところで、成長ホルモンや甲状腺、副腎皮質のホルモンの調整や生殖機能、排尿機能な身体の成長に大きくかかわっているといわれ、比較的若い人の腫瘍は即手術するとのこと。私の場合は、もう年だから、成長も、生殖も、排尿もあまり影響はないでしょう。視野狭窄とか、生活に影響が出れば即手術ですね。ただ、比較的大きいから、3−4年で手術するようになるでしょう}といわれていました。

 兄のいる聖路加国際病院でも同様の判断でした。地元の眼科で定期検診を受けていましたが、最近、網膜が薄くなってきている部分も見つかり、腫瘍の影響も考えられること、視野狭窄など症状が出てから手術をしても改善しないことから、五体元気なうちに手術をすることにしました。

 まずは手術説明、かつては、あたまの上から脳を開いて行ったそうですが、最近は鼻腔から穴をあけて下垂体の腫瘍を吸いだすとのこと、技術も進歩し簡単安全に手術できるようになったとのことでした。95%以上大丈夫な手術ですといわれても、説明の85%は万一の説明、本当に大丈夫かと疑いたくなるような思いもしました。そして麻酔科の説明、これも万一のときのほうが親切丁寧、さらに、入院同意書、X線、CT、MRI、などいくつもの同意書にサインし、無事手術の実施となりました。最近の医療事情は聞いてはいましたが、まさにインフォームドコンセントなくしては進まない医療現場を実体験できました。

 手術は、前日入院、翌日施術、麻酔からさめたら終わっていて、あまり感動はありませんでした。手術室の看護師さんの話では1日に20人位するそうで、患者となった私は、されるまま、まな板の鯉状態でした。

 2日間ICUで見ていただき、一般病棟へ戻って着ました。現在は、鼻の詰め物も取れ、退院に向けリハビリ中、日ごろの生活習慣病の付けで、血糖値を下げることに奮闘中です。

 

 


次期松本市長選に向けて

 

平成271222

増田博志

次期市長選挙について

 

 常日頃より、私の松本市に対する想いを共有し、ご支援いただきまして、誠にありがとうございます。
 

 現菅谷市長は、市長就任時「今季限り」と申されてきており、私は、来年の市長選挙を選択肢の一つとして、520年の議員活動に終止符を打ち、まつもと市政に新しい息吹を吹き込もうと考えて、立候補表明をさせていただきました。
 

 その後、私が市政に参画する礎を築いてくださった青年会議所の仲間から市長選を目指す方が出てまいりました。今まで、支援していただいた方ゆえに、複雑な心境でございました。地域を同じくする皆様、組織を同じくする方々には、大変ご心配をおかけしました。ひとえに、私の不徳、至らぬ結果であり、深く反省するところです。
 

 102日に万全を期し、健康診断を受けました。何の異常も見つからず、元気にスタートを切らさせていただきましたが、脳の精密検査については、なかなか予約が取れず、12/15に相沢病院で受けた結果、良性ではありますが腫瘍が見つかりました。20万人に5人位の発生率だそうで、本人も驚いている状況です。
 

 この結果について、聖路加病院の医師など複数の医師のアドバイスを受けました。結論として、誠に残念ですが、来年3月実施の市長選挙について、断念する結論に至りました。長年、市政に携わり、松本市の経済活性化に向けて、これからという時に、後ろ髪を引かれ、断腸の思いであります。
 

 日頃よりご支援いただいている皆様、また、私に激励の言葉をかけて下さいました皆様方に対しまして、唯々お詫び申し上げるのみ、誠に申し訳なく存じます。
 

 今後は、別の形で市政の発展、まちづくりに貢献したいと思います。
 

 最後に、このまちのこれからの10年は、躍動感があり、燃えたぎるようなエネルギーを持ったリーダーが必要だと思っています。変わることは怖いことでなく、より進歩することだと思います。このまちで育ち、働き、このまち以外に逃げ場のない、「このまちの人」。若くて、優秀な能力を持った人が、このまちのリーダーとなること期待したいと思います。


夢見る力が明日を創る 3/3

JUGEMテーマ:地域/ローカル

松本を元気にする3本の柱について

行政の財政運営については、単に赤字、黒字、予算がいくら残ったか?
ではなく、公会計制度を導入するようになりました。
企業会計のように、収入と支出、投資的なもの、運営など義務的なもの、
借金と資産などバランスシートを用います。
企業は、よく人、モノ、お金、と言われます。
今回、ひとつの考え方、切り口として、松本市政も、
「人を育てる、守る。住環境を良くする、整える。経済を良くする。」
この3つの見方で、考えてみました。

その3 人を育てる、守る
 

人生を豊かに 幸福度を高めよう

  健康・福祉行政の充実

    若年世代の健康診断推進

    波田病院の改修など地域医療・緊急医療の充実

    健康教室・サークル活動の支援

    心の豊かさを享受できる福祉の増進

    高齢者支援の組織づくり推進

  子育て支援の充実

    妊娠・出産・子育て環境の充実

    育児子育て相談窓口の充実

    安心して第二子、三子を育てられる助成制度

    多様な保育ニーズに応えられる保育の実施

  共に生きる社会の構築

    障がい者の社会参画推進

    多文化共生社会の推進

    男女協働参画社会の推進

    お隣り近所、共に生きる地域の連携強化

  教育環境整備

    大規模改修改築の推進と、施設・設備の充実

    園庭、校庭の芝生化

    地域に根差した自然・科学教育の推進と

    郷土愛を育む教育の実践

    いじめ・不登校対策と徳育の充実、教員の加配

    基礎体力アップに向けた取り組み

  スポーツ・文化・芸術の支援育成

    「松本城を世界遺産に」運動とお城周辺整備

    伝統・伝承文化の継承と近代遺産の保存

    文化・芸術のイベント開催でレベルアップ

    新しい拠点、施設で環境を整える

    全国規模の大会誘致開催

    プロスポーツの支援


 

夢見る力が明日を創る 2/3

JUGEMテーマ:地域/ローカル

松本を元気にする3本の柱について

行政の財政運営については、単に赤字、黒字、予算がいくら残ったか?
ではなく、公会計制度を導入するようになりました。
企業会計のように、収入と支出、投資的なもの、運営など義務的なもの、
借金と資産などバランスシートを用います。
企業は、よく人、モノ、お金、と言われます。
今回、ひとつの考え方、切り口として、松本市政も、
「人を育てる、守る。住環境を良くする、整える。経済を良くする。」
この3つの見方で、考えてみました。

その2 経済を良くする
 

経済に活力を パワーアップ松本へ

  TPPに負けない農業育成

    人農地プランによる新規就農者支援
    
里山資本主義の活用

    専業農家支援とブランド品づくり

    松枯れ、鳥獣害対策の徹底

    6次産 業とジビエ育成事業

  企業誘致とものづくり支援

    工業ビジョンの見直し
    
ヘルスラボの充実と健康医療産業の積極的支援

    特区制度・優遇制度の活用で企業誘致・起業支援

    地域大学の研究支援と、 産官学連系によるものづくり

    新事業支援や特色ある地場産業の育成

    匠の技の再構築と伝統産業の支援

  市街地の活性化

    商業ビジョンの見直し
    
まちづくり会社による商店街の活性化

    松本名物、まちおこし事業の推進

    イベントや歩行者天国などでまちの賑わいを創出

    歴史・文化・を生かした市街地づくり

    街なかリゾート戦略策定へ

  観光産業の支援

    松本市観光戦略の見直し  
    
国際コンベンションシティへ組織・施設の充実

    魅力ある夜の飲食と温泉で、宿泊型観光の推進

    山岳博物館の活用と山岳観光の推進

    エコ・ヘルス・グリーンツーリズムの推進

    フィルムコミッションの積極的取組

    国内外へ、松本空港の積極的利用

    友好都市・姉妹都市との交流推進

     広域連携の推進


 

夢見る力が明日を創る 1/3

JUGEMテーマ:地域/ローカル

松本を元気にする3本の柱について

行政の財政運営については、単に赤字、黒字、予算がいくら残ったか?
ではなく、公会計制度を導入するようになりました。
企業会計のように、収入と支出、投資的なもの、運営など義務的なもの、
借金と資産などバランスシートを用います。
企業は、よく人、モノ、お金、と言われます。
今回、ひとつの考え方、切り口として、松本市政も、
「人を育てる、守る。住環境を良くする、整える。経済を良くする。」
この3つの見方で、考えてみました。

その1 環境を良くする、整える
 

街を元気に 地域のリーダーに
  中核市へ

    道州制を見据えた行政運営を

    保健所を設置し、医療、飲食行政を身近に

    まつもと版シティーマネージャー制度の導入

    合併10年、検証と行政改革の推進

    国内・外の友好都市・姉妹都市を増やす。

  コンパクトシティへ

    用途地域指定など都市計画の見直し

    市庁舎ほか等公共建築物の改築と再配置を検討

    まちなか居住の推進 

    ユニバーサルデザインの導入

  都市基盤整備の充実

    渋滞対策と基幹道路の改良促進
    公共交通
をはじめ交通体系の見直し

    防災都市に向けて機能の強化

    松本空港の整備と安定利用

    JR駅のバリヤフリー化

  環境を大切にしたまちづくり

    再生可能エネルギーの導入を進めエコシティへ

    人・自転車優先の街へ

    次世代交通への取り組み

    街なかの緑化と公園整備の推進

    環境教育等価値観の転換を進める

  地域づくりの充実

    若者参加の地域自治の推進

    地域防災活動の推進、地域高齢者ケアと子育て推進
    地縁団体への参加・活動の推進

    地域伝統文化の継承


 

| 1/65PAGES | >>