新しい松本を創ろう。今見直しに勇気を!そして限りなく元気な松本に!

サイト内検索

カテゴリー

過去の記事

松本市公式HP 更新情報

RSS表示パーツ

脳下垂体にできた腫瘍を取り除く手術をしました

JUGEMテーマ:日記・一般


明日は65歳の誕生日ですが、病院で迎えることになりました。手術説明

 

平成27年に見つかった下垂体の腫瘍を取り除きました。

下垂体は身体のホルモンを掌るところで、成長ホルモンや甲状腺、副腎皮質のホルモンの調整や生殖機能、排尿機能な身体の成長に大きくかかわっているといわれ、比較的若い人の腫瘍は即手術するとのこと。私の場合は、もう年だから、成長も、生殖も、排尿もあまり影響はないでしょう。視野狭窄とか、生活に影響が出れば即手術ですね。ただ、比較的大きいから、3−4年で手術するようになるでしょう}といわれていました。

 兄のいる聖路加国際病院でも同様の判断でした。地元の眼科で定期検診を受けていましたが、最近、網膜が薄くなってきている部分も見つかり、腫瘍の影響も考えられること、視野狭窄など症状が出てから手術をしても改善しないことから、五体元気なうちに手術をすることにしました。

 まずは手術説明、かつては、あたまの上から脳を開いて行ったそうですが、最近は鼻腔から穴をあけて下垂体の腫瘍を吸いだすとのこと、技術も進歩し簡単安全に手術できるようになったとのことでした。95%以上大丈夫な手術ですといわれても、説明の85%は万一の説明、本当に大丈夫かと疑いたくなるような思いもしました。そして麻酔科の説明、これも万一のときのほうが親切丁寧、さらに、入院同意書、X線、CT、MRI、などいくつもの同意書にサインし、無事手術の実施となりました。最近の医療事情は聞いてはいましたが、まさにインフォームドコンセントなくしては進まない医療現場を実体験できました。

 手術は、前日入院、翌日施術、麻酔からさめたら終わっていて、あまり感動はありませんでした。手術室の看護師さんの話では1日に20人位するそうで、患者となった私は、されるまま、まな板の鯉状態でした。

 2日間ICUで見ていただき、一般病棟へ戻って着ました。現在は、鼻の詰め物も取れ、退院に向けリハビリ中、日ごろの生活習慣病の付けで、血糖値を下げることに奮闘中です。

 

 


この街のために!

JUGEMテーマ:地域/ローカル
おはようございます。
市議会議員を辞めて、半年がたちました。
暫くお休みしていましたが、
私たちの街のために、地域のために、
汗をかこうと思います。
よろしくお願いします。
 

今月の予定 25年12月 松本市議会議員 増田博志 Hiroshi Masuda

JUGEMテーマ:地域/ローカル
 今月の予定2013年12月
                      (2日現在)

1日  台湾〜来松  
2日  12月定例会 市議会本会議 
3日  定例会議案調査 夢や竹オープン LC
4日  定例会議案調査 上土理事会 トップバンドコンサート
5日  定例会議案調査 イオンモール視察 緑町ビル斡旋 いい耳の会 古城太鼓
6日  定例会議案調査 護国神社
7日   六粋会  
8日   松本神社青年部 山雅後援会
9日   市議会本会議 JCシニア会  
10日  市議会本会議 商店街連盟 松本古城会 駅前パトロール LC
11日  市議会本会議 会派研究会  
12日  委員会審査 政治団体説明会 古城太鼓 
13日  委員会審査 松本法人会 日奥教会 地域再生戦略研究会 
14日  地域づくり発表会
15日  第一地区町会連合  
16日  委員会審査 中央地区連合会 舞台保存会 
17日  委員会審査 政策部会 松大生との意見交換
18日  定例会議案調査 理事者との意見交換会 駐車場組合
19日  市民交流部会
20日  委員会長野保健所 古城太鼓
21日  
22日     
23日  
24日  24日会 LC,Xmas
25日  
26日  古城太鼓 駅前パトロール
27日  仕事納め 中央地区餅つき かみさん会 
28日  
29日   
30日  
31日 

今月の予定 25年8月 松本市議会議員 増田博志 Hiroshi Masuda

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 今月の予定 2013年8月  (2日現在)

1日  舞台保存会
2日     
3日  市民行政評価 松本ぼんぼん 
4日  市民行政評価市民行政評価 

5日  松本法人会 
6日  会派会議 倫理法人会 LC  
7日  振組理事会 松本JC   
8日  演技座斡旋 
9日  松本城薪能 松本LC 駅前パトロール
10日  大手防犯協会 
11日  松本神社青年部 町内夏祭り 鈴木記念館
 
12日  いい耳の会 SKF
13日  
14日  
15日  終戦記念日平和式典 護国神社   
16日   
17日  サマーフェスタ 大人のアンサンブル
18日  市民水泳大会 水泳協会 
19日  
20日  議会研修会 法人会献血 LC
21日  委員会協議会 青年中央会 松本法人会 とんぼ会 SKF
22日  委員会協議会
23日  駅前パトロール SKF
24日  24会 
25日  SKFパレード 
26日  JCシニア会
27日  かみさん会
28日  SKF
29日    
30日  
31日  SKF

防災訓練について

 第三地区の防災訓練を見学しました。

今回の訓練は、災害に際し避難所へ集まる」訓練から、避難所の生活に向けた訓練でした。
避難所運営委員会を設置。被災者管理斑、情報広報班、施設管理班、食料班、物資班、衛生班、ボランティア班、要援護者班、など
避難所の運営を想定した訓練でした。避難所生活は実際どのくらい大変か、避難者の自助、共助が必要です。更に他地区の方や、一般の避難者が一緒になり、生活の場を分かち合うことは、想像より難しい体験ができました。また、課題も見えてきたように思います。


松本市長3期目へ出馬!

菅谷松本市長は、松本市12月定例会で、大勢の議員が質問しても表明しませんでした。
本日、最終日に、3期目の市政運営に向けて、出馬表明をしました。
2期で終われば良い市長で惜しまれてということになれますが、3期やるとなかなか大変になって来ると思います。
やるからには、地域のリーダーとして頑張っていただきたいと思います。
(変換ミス訂正いたしました)


山崎歯科医院 保存へ 松本市議会議員 増田ひろし Hiroshi Masuda

JUGEMテーマ:地域/ローカル

赤レンガの山崎歯科医院を残す為にご支援下さい


山崎歯科

  旧山崎歯科医院は、明治21年にイギリス積みという工法で建てられたレンガ造りの建築物で、建築後123年を迎えます。

 この建物は、私たちが生まれる以前から、ここにあり、私たちの日々の生活に溶け込みなじみ深い存在であり、建築学史上からも大変貴重な財産となっています。

 平成元年には、上土町で大正ロマンのまちづくりが始まったのは、この建物が現存していたことがはじまりで、現在の下町会館が保存活用されることになりました。

 平成810月に国が登録有形文化財制度を施行しましたが、同年12月には長野県第1号の建築物として認定、登録されています。

 現在は地域をはじめとして、観光客の方々にも、歴史的文化風致地区として、お城周辺の歩いてみたいまちのアイポイントとして、多くの方に愛されています。

 6月30日の震度5強の地震にも耐え、懐かしいレンガ積みの姿を残しています。そして、建築士事務所協会の診断でも、現状のまま残せることが判りました。

私たちは、この建物を残すことは、古いものを残すということにとどまらず、これからの地域づくりや、松本の街並み(顔)形成に大変重要と考えています。松本市の大切な宝として、何とか残せるよう市民の皆さんのご理解とご協力、ご支援をお願いします。

残す会の開催日時は追ってUPします。とりあえず、
松本市役所に、メールや、faxで、声を出しましょう。
http://www.city.matsumoto.nagano.jp/goiken/tegami/index.html


いよいよ選挙  松本市議会議員 増田博志 Hiroshi Masuda

JUGEMテーマ:地域/ローカル
 明日から市議会議員選挙  頑張ります

いよいよ告示、一週間の選挙選が始まります。
 県会議員選挙終了後、12日から、各地区で市政懇話会を行ってきました。皆さんの最大関心事は、やはり災害対策でした。松本市の現況を説明し、課題を話しました。現況は、公共建築物の耐震化はほぼ終了していること。災害時の要支援者の登録カード作りを進めていること。防災一斉放送の整備が、今年度より4年計画で始まっていること。また備蓄倉庫も、4か所背地位の予算が本年度されたことなどです。
しかし、起こってしまってからでは遅いので、整備等、最優先させなければなりません。
 また、課題として、まず自分で自分を守る、そして周りの人を助ける、そして救助を待つ。自助、共助、公助、でしかならないことを自覚し、みんなで助け合うことが大事です。日頃のから隣近所の付き合いを大切にしていくことだと思います。
 もう一つ大事なことは、絶対に訓練したマニュアルどおりにならないことを覚悟し、その場で臨機応変に対応することです。融通を利かさないとだめで、ルールより、現場対応の早い決断と行動は求められているということです。
 さて、私のテーマである、「もっと元気な松本に」は、震災当時は、どうかと思いましたが、復興支援にあたって、この地域でも最大のテーマになりつつあります。これから松本市ももっと経済的影響が出てくると思います。工業や、飲食、旅館など深刻です。SKFすら、演奏者が来日を躊躇しているとの情報もあります。ですからこそ、元気な松本にならなければならないといえます。
 日本の回復を信じ、明日の日本建設に向かい、もっと元気な松本に向かってみんなで頑張リましょう。

卒業式・入学式雑感  松本市議会議員 増田ひろし Hiroshi Masuda

JUGEMテーマ:地域/ローカル

  3月、4月の行事は何と言っても卒業式と、入学式。幼稚園、小学校、中学校とそれぞれお呼ばれしますが、かつては画一的であった式典も色々、様変わりしてきています。何よりも児童、生徒の立場を重視して、子供を主役に式典を進めるようになってきているのではないでしょうか。大変に良いことだと思います。卒業証書も壇上から授けるのではなく平場で横位置で授与する。さらには在校生と対面式で行うなど工夫をこらいています。送辞、答辞も幾多の子供が言葉を投げかけ、歌を歌ったり、なかなか感慨深いものでした。これからも中身の濃い式典であってほしいと思います。
 今年の入学式で感じたことに、式典中、うろつく子供たちがいなかったことが上げられます。小学校一年生の中にはたいてい一人か二人、徘徊する子がいたりします。また、幼稚園でも入園式の時、入園児は別にして、年中、年長さんにもうろついたりする子がいるのが普通でした。が本年はいませんでした。たまたま、私の出席した学校、幼稚園だけだったのかもしれませんが。躾が行き届くようになったのか、または方破りなスケールの大きい子がいなくなったのかわかりませんが、式典はスムーズに坦々と進行しておりました。
 最後に、いつも感心し、良いことだことだなあと思うことですが、それはどこの学校でも行われていますが始まりと終わりの「礼」です。礼に始まり礼に終わる。日本における式典はここが大事、日本の文化だと思います。式典の中身はどんなに変わっても、「一同、気を付け、礼!」に始まり、「一同、礼!」で終わってほしいと思っています。

びっくり!入社式 松本市議会議員 増田ひろし Hiroshi Masuda

JUGEMテーマ:地域/ローカル

いまどきの入社式?
 昨日、ある企業の入社式に参加させていただきました。この地域に美容院を7店舗ほど展開する会社で、青年会議所で知り合った仲間の会社です。彼の経営理念はしっかりしていて、常にお客様重視、そして従業員教育も徹底しており、すばらしい従業員が何人も育っています。また、競争と激動の美容業界にあって着実に成果を上げている会社です。
 社長挨拶、来賓挨拶、先輩の歓迎の挨拶、そして新入社員の豊富や希望に満ちた挨拶が一通り進んでいきました。ここまでは普通、さて新入社員の配属です。これには驚きました。
社員全員の前で、店長7名が「じゃんけん」勝った訓に希望する社員を指名して、配属決定となりました。こんなの在り?びっくりしました。
 よく考えれば、指名した店長は、自分で指名した社員に対して、接客から技術の習得まで教育し一人前にする責務が加わるのですから大変です。人材教育の重さを、全員の前でじゃんけんをし、指名するノリのよさで乗りきる社風とあたかも当たり前のように指名する社員の力に大いに発奮させられました。
 若者よがんばれ!と思わず心の中で叫び、自分にも活を入れた次第です。

| 1/14PAGES | >>